世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

キルギスタン

久しぶりの中央アジアの記事&「良い旅」について考える

こんにちは。 一ヶ月ぶりに中央アジアの記事を更新したいと思います。 テーマパークさながらのトルクメニスタンの首都アシガバット 前回の中央アジアに関する記事で、自分でも何を書いていたか詳しく覚えていないので(笑)、今回は少し中央アジアの旅を振り…

中央アジアでのイランビザ取得の方法 その③ ~ビシュケクのイラン大使館での攻防戦~

こんにちは。 イラン・マシュハドにて。何だか隣の鳥はスズメ、私は忍者に見える。。。 本日は、かなりひどかったキルギスタン・ビシュケクのイラン大使館でのエピソードです(笑) ウエスタンユニオンで送金した日から、十分な日程が経っていましたので、ビ…

中央アジアでのイランビザ取得の方法 その② ~中央アジアでイラン大使館へ行く場合の注意~

こんにちは。 イラン・マシュハドへ向かう途中のQuchanと言う町にて 前回に引き続き、「中央アジアでのイランビザ取得方法 その②」です。 前回、Iran Visa Application - Iranian Visa (evisa)のサイトからの、イランビザの申請方法を書きました。 keikosrou…

パミールハイウェイを通り、美しいタジキスタン東部最大の町・ムルガーブへ

前回の続きです。いよいよパミールハイウェイです。 keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com チョンアライバーザでジープの出発を待っていましたが、 出発したのは結局、次の朝の4時40分でした。男女別の雑魚寝の部屋で熟睡しているところを、必ず誰か…

ビシュケクからオシュ、オシュからパミールハイウェイへ

話は戻り、2012年に初めて中央アジアを旅した時のことです。 ビシュケクの「南旅館」で沈没ライフを送っていましたが、私は当時、大学院の夏休みを利用して旅をしていたので、そろそろ次の国タジキスタンへ行かないといけません。 keikosroundtheworldadvent…

ウルムチ留学時代のキルギスタン人の親友の結婚式 in イシククル湖

2017年9月に、三度目のキルギスタン旅行へ行きました。 新疆ウイグル自治区の大学院留学時代の、キルギス族の親友の結婚式に参加するためです。 keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com 彼女はチョルポンアタ出身、旦那さんもチョルポンアタからそう遠…

遊牧民族・キルギス族のユルタ「ボズウイ」と田舎でのティータイム

本日は「ボズウイ」と言う、キルギス族のユルタについてです。 キルギス族は遊牧民なので、移動の際にこのような簡易式住居を作ります。 モンゴルの「パオ」が有名ですが、キルギスでは「ボズウイ」と言います。「ボズ」は灰色、「ウイ」は家と言う意味です…

キルギス人の誇り・透き通る水のイシククル湖

本日は、キルギス人の誇るイシククル湖についてです。 キルギスタンには素敵な山がたくさんあり、夏になると、欧米から山好きなトレッキング客などが訪れるようです。 キルギスタンは内陸国で、日本のように海が身近にあるわけではありませんが、イシククル…

ビシュケクの日常ライフ ~ウズベク料理のレストラン・ツム百貨店・スーパー~

本日は、ビシュケクの日常的な活動についてです。 ある日のランチは、2015年当時、比較的新しくオープンした、ウズベク料理のレストランへ行きました。 店内の内装もとてもこだわっていて、天井には民族伝統模様の「アドレス」がしつらえられています。 アド…

キルギスタン・ビシュケク観光で外せないドルドイバザールとぜひ試して欲しい謎の飲み物「チャラップ」

本日は、ビシュケクの郊外にある、ドルドイバザールについてです。 友達が、お直しをお願いしていたお店に、洋服を取りに行きたいというので一緒に行きました。 午前中だったので、まだそこまで人がいませんでした。閉まっているお店も結構ありました。 友達…

ビシュケク(キルギスタン)で一番美味しいケーキ屋さん「クリコフスキー」とちょっとしたスイーツ事情

本日は、ビシュケクにある美味しいケーキ屋さんの紹介です。 キルギスタンや中央アジアの人たちは甘いものが大好きです。恐らく、日本人が好むような「甘さ控えめ」のテイストは、物足りなく感じてしまうと思います。 そのため、お菓子そのものの味というよ…

キルギスタンの首都ビシュケクでのナイトライフ ~クラブ・カラオケ・バー~

本日は、知られざる(?)ビシュケクのナイトライフについてご紹介です。 ビシュケクでナイトライフと言えば、20代前後の若者の間ではクラブが中心です。踊るのが大好きな民族ですから、当然と言えば当然かも知れません。 女の子たちはパーティドレスを着て…

キルギスタン(中央アジア・旧ソ連)のグルメ 

こんにちは。 本日はキルギスタンで食べたものをご紹介します。 2012年に、初めてキルギスタンを旅行した時は一人旅でした。シャウルマが安くてボリュームたっぷりだったので、いつもシャウルマでした。 中央アジアのシャウルマは、お肉と野菜以外にフライド…

キルギスタンの首都ビシュケクの「オシュバザール」でキルギス伝統に触れる

こんにちは。 ビシュケクの郊外にある大きなバザール「オシュバザール」についてです。 以前ご紹介した、アルマティ(カザフスタン)の郊外にある「バラホルカ」と似ている、巨大・郊外型バザールです。 keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com 「オシ…

キルギス人の、ソ連時代と若者で違うお酒に対する考え方

前回は、ユースホステル「南旅館」での様子を記事にしましたが、今回は、その3年後に、二度目のビシュケクを訪れた時のことを書きます。 keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com 友達の弟が、コルダイ国境(カザフスタンーキルギスタン間)まで車で迎…

キルギスタン国別情報 ~イシククル湖を誇る、田舎気質でマイルドな国民性~

順番が少し前後してしまいましたが、本日はキルギスタンと言う国についてです。 さて、キルギスタンとは一体、どのような国なのでしょう。 カザフスタンと同じく、旧ソ連圏であり、現在はイスラム教を信仰する住民が多いです。 また、見た目も日本人や韓国人…

キルギスタン・ビシュケクのユースホステル「南旅館」での楽しい沈没ライフ

こんにちは。 カザフスタンとキルギスタンのコルダイ国境を越えた後は、ビシュケク市内まではもうそこまで遠くありません。 私はいつもお昼にアルマティを出発して、夕方頃ビシュケクに着いていたので、ちょうど渋滞の時間でしたが、それでも国境から一時間…

カザフスタン・アルマティからキルギスタン・ビシュケクへのバスでの陸路国境超えと簡単なカザフ語

こんにちは。 本日は、カザフスタンのアルマティからキルギスタンのビシュケクへのバスでの行き方です。 日本からなら、新疆ウイグル自治区のウルムチへ飛び、それからカシュガルを経由してキルギスタンのジャララバードへ行く方法やモスクワへ飛んでからビ…

旧ソ連圏でありながらイスラム文化圏に属し、日本人にそっくりな人が多い不思議な中央アジア

こんにちは。 本日から中央アジアについてのご紹介です。 左の美女(笑)はカザフスタンのシムケント出身の親友で、ウルムチに住んでいた頃のルームメイトでもあります。彼女の顔は、カザフ族よりもウズベク族に近いです。 まず、そもそも中央アジアとはどこ…