世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

ツウな新疆ウイグル自治区・ウルムチのグルメ情報 (1)~ウイグル料理・トルコ料理~

こんにちは。

 

本日はウイグル料理、新疆料理の紹介です。

 

f:id:cakey2333:20180427095846j:plain

 

同時に、ウルムチのお勧めのお店も紹介をしようと思います。

 

 

(1)羊の串焼き

 

f:id:cakey2333:20180426141453j:plain 1本4元

 

ウイグル料理でお肉と言えば羊です!

 

新疆に来るまで羊がこんなに美味しいとは知りませんでした。新鮮な羊は甘みがあります。南疆の羊が一番美味しいです。

 

ウイグル語では「カワプ」、中国語では「羊肉串(ヤンロウチュワン)」と言います。発音的にはカワプの方が簡単ですが、漢民族には通じない人の方が多いと思います。

 

この写真のカワプはウルムチにしたら大きめで、南疆に比べるとウルムチでは小ぶりなものが多いです。大体クミンと日本で言う一味唐辛子のようなものがかかっています。辛いものが苦手な方は抜いてもらえます。

 

(2)羊と人参の炊き込みご飯

 

f:id:cakey2333:20180426142210j:plain

 20元

 

ウイグル語では「ポロ」、中国語では「抓饭(ジョワーファン)」です。

 

普通ウイグルのポロはお米が白いです。

 

f:id:cakey2333:20180509172141j:plain

 

f:id:cakey2333:20180509173035j:plain

 

また、通常ニンニクや豆も入っていないです。新疆の人参は黄色くて甘味があります。

 

この茶色いポロはウズベキスタンのポロに近いですね。

 

炊き込みご飯と書きましたが、油を沢山使ったピラフのような感じです。胃が弱い方はもしかしたらもたれてしまうかも知れません。

 

ちなみに私の周りの中央アジアの留学生はこのポロを「赤いポロ」と呼び、サウジアラビアの留学生は「茶色いポロ」と呼んでいました。呼び方は違っても、ここのポロの美味しさは皆わかるようですね(笑)

 

上のカワプと茶色いポロはこのお店です。

 

都尔丹快餐(友好店)

 

住所:友好商场南巷78号

電話番号:18999866137

 

行ったことはありませんが、もう一つ店舗があるみたいです。

 

都尔丹快餐(南湖店)

 

住所:南湖南路101号(南湖家乐福车辆出入口)

電話番号:0991-7787009

 

 

(3)ウイグル風和え麺

 

f:id:cakey2333:20180426145202j:plain

 

ウイグル語では「ラグメン」、中国語では「拌面(バンミェン)」です。

 

 とてもコシのある麺をトマトや新疆風ピーマン、玉ねぎやお肉と一緒に炒めたものと和えます。中央アジアにもラグメンはありますが、新疆のラグメンはコシが違います!

 

具は野菜のお肉のレパートリーが変わりますが、それぞれの野菜の配分や切り方が変わると言った感じでそこまで大きな違いはありません(笑)

 

お肉は鶏肉、羊肉、牛肉です。

 

見た目はトマトと調味料のため赤いですが、味は辛くないです。

 

(4)ウイグル風ワンタン

 

f:id:cakey2333:20180427095214j:plain

 

ウイグル語では「チュチュレ」、中国語では「馄饨(フゥントゥン)」です。

 

小さめのワンタンの中には羊肉が入っています。

 

チュチュレはとても優しい味で、ほっこりします。

  

これはウイグルのお姉さんの家で食べたものなので、オシャレなレストランを一つご紹介します。

 

海尔巴克

営業時間:12時~23時間

住所:延安路4号(エレベーターで2階へ上がって下さい)

電話番号:09912871818

 

f:id:cakey2333:20180509173019j:plain

 

ウイグル語だと「Harembagh」です。

 

f:id:cakey2333:20180427100039j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180427100055j:plain

 同級生のマイラちゃんと

 

店内はとても装飾が豪華です。

 

f:id:cakey2333:20180427141145j:plain

彼女はウルムチ出身で現代的な(?)ウイグルの女の子です 

 

f:id:cakey2333:20180509172731j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180509172746j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180509172801j:plain

トルコ料理

 

f:id:cakey2333:20180509172826j:plain

シャウルマ

 

f:id:cakey2333:20180509172900j:plain

カワプもオシャレ。確か10元

 

f:id:cakey2333:20180509172924j:plain

週末には1階のエントランスにこんなお出迎えも

 

こちらは別のレストランですが、ここも素敵ですので写真を載せます。

f:id:cakey2333:20180427104042j:plain

 

こんな面白いメニューも発見しました(笑)

 

 

f:id:cakey2333:20180427104105j:plain

 

ウイグル族は海鮮はほぼ食べないです。

 

Harembaghでは、ウイグル料理の他に中華や洋食、トルコ料理なども食べられます。

 

ウルムチではトルコ料理のお店は人気で、大バザールなどでもトルコのスカーフなどを買ったことがあります。トルコの料理や商品は中央アジアではとても受け入れられていますね。同じトゥルク系と言うこともあるでしょう。

 

Harembaghはチェーン店で、またここの店舗はお店の広さの割に人員があまりいないのか、オーダーする際にウェイターさんを呼ぶのが大変だった覚えがあります(笑)

 

(5)ナン

 

f:id:cakey2333:20180427102226j:plain

 行きつけだった新疆大学校内のナン屋さん。2015年で3.5元。おじさん元気かなぁ

 

 ウイグル語では「ナン」、中国語でも「馕(ナン)」です。

 

正確に言うと、ウイグル語ではnan、中国はnangと最後にgが入ります。

 

新疆のナンはとても大きく、外側はピザの耳よりもモチモチ、内側はクリスピーでカリカリしています。中央アジアからの留学生は「私達のナンはもっと柔らかいの!」と言っていましたが、食べなれた新疆のナンが私は一番好きです(笑)

 

他にも色々なナンがあります。

 

f:id:cakey2333:20180427102723j:plain

新疆大学対面のナン屋さん

 

f:id:cakey2333:20180427102747j:plain

 

「地球に歩き方」に色々なナンの名前が載っていたので、ガイドブックを片手に一つ一つ聞いていましたが、ウイグル族の友達からの答えは全て「…ナンだよ(ざっくり)」でした(笑)細かいことは気にしなくていい様です。

 

f:id:cakey2333:20180509173232j:plain

 地域によってナンの模様も異なるみたいです

 

(6)サモサ

f:id:cakey2333:20180517103625j:plain

 

日本でサモサと言うと、インドのサモサが有名でしょうか。新疆にもサモサがあり、ふっくらしているけど噛み応えがあって、とてもジューシーです。

 

f:id:cakey2333:20180517103745j:plain

 

中には羊肉と玉ねぎをみじん切りにしたものが入っています。

 

出来立てのサモサはあつあつで本当に美味しいです。

 

 

東京の初台にもウイグル料理店がありますので、ウイグル料理や新疆料理が食べて見たい方はぜひ試してみて下さい。

 

ウイグル料理 シルクロード・タリム

 

営業時間:17:00~24:00

住所:東京都新宿区西新宿3-15-8 西新宿バールビル 1F

電話番号:03-6276-7799

 

ウイグル料理 シルクロード・タリム

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------