世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

新疆ウイグル自治区・ウルムチの留学情報について ② ~新疆大学・留学生の一日編~ 

こんにちは。

 

本日は、新疆大学での留学生活について書きたいと思います。

 

授業がある日の一日のタイムテーブルです。

 

f:id:cakey2333:20180501125458j:plain

新しい留学生宿舎から撮った写真です

 

新疆では、北京時間とは別に新疆時間(ウルムチ時間)があると以前ご紹介しました。

 

 

日本時間と北京時間は、一時間しか違わないのですが、日本時間と新疆時間だと三時間もの時差があります。

 

しかし、私は大変残念なことに仲の良い漢民族はほぼいなく(笑)、ウイグル族中央アジア*1サウジアラビア*2からの留学生との関わりが多かったです。

 

そのため、自分の中では北京時間、友達と何かをする時は新疆時間、と言うような生活でした。それは帰国まで解消されることなく続きました(笑)

 

新疆大学・大学院の授業は北京時間10時に始まります。

 

朝は私は北京時間を使用しているためとても早く起きるのですが、一緒に住んでいたカザフスタン人の子と一緒に朝ご飯を食べるため、8時半位まで彼女が起きるのを待ちます。

 

朝ご飯はチャイ(ストレートの紅茶かたまに緑茶)もしくは白湯に砂糖や蜂蜜、ジャムをいれたもの、ナン、クッキー、オートミール、などが多かったです。

 

たまにサラダ(とは言ってもトマトやキュウリなどを切っただけ)が加わります。

 

f:id:cakey2333:20180501132013j:plain

 

写真にはオートミールが載っていないのですが、こういう感じです。

 

f:id:cakey2333:20180501132228j:plain

これは留学中の朝ご飯ではないです

 

f:id:cakey2333:20180501132510j:plain

これは豪華バージョン。鶏肉のハム、チーズ、練乳にウイグルのサモサまであります

 

f:id:cakey2333:20180502092728j:plain

これはお隣さんの部屋での写真 

 

これらの朝ご飯は新疆風・ウイグル風というより中央アジア風と言ったほうが近いです。

 

新疆大学には食堂もあり、朝ご飯も提供されていましたが、ルームメイトといっしょに食べる習慣があったため、たまにしか利用しませんでした。

 

宿舎から経済管理学院*3の建物までは徒歩20分位です。

 

授業によっては、バスに乗って南校区という別のキャンパスに行く時もあります。南校区は、以前ご紹介した边疆ホテルの先です。バスと徒歩合わせて30分強です。

 

 

 

f:id:cakey2333:20180501134033j:plain

ウイグル族カザフスタン人、キルギスタン人の同級生と 

 

 

午前の授業が終わるのは北京時間14時です。

 

大学院一年次は科目数が多く、月曜から金曜まで午前中は毎日授業がありました。木曜日は朝から夕方まで授業がありました。科目や詳しい授業内容についてはまたご紹介します。

 

午後は15時半から授業が始まるので、午後授業がある日はあまり時間に余裕がなく、例の「クヴァデラット(квадрат)」のお店の中からチョイスして、皆で昼ご飯を食べていました。

 

お店は、ウイグル料理のお店、漢民族のお店、私の大好きな炒米粉のお店、回族のお店の他にマリーブラウンと言うマレーシアのファーストフードのお店もありました。

 

ウイグル族イスラム教徒ですので、ハラールと言う、イスラム教に則った調理法であったり食材を使っているお店でしか食事をしません。新疆大学の食堂も一階がハラールなのでムスリム用、二階が漢民族用でした。

 

漢民族は、ウイグル料理のお店で食事をしても問題はないのですが、やはり食事の好みの問題か、はたまたウイグル族ばかりの場所はやや居辛いためか、ほぼ見かけることはありませんでした。

 

 

f:id:cakey2333:20180501140341j:plain

「クヴァデラット(квадрат)」にあるご飯屋さん。韓国料理屋さんもありました

 

午後に授業がない時はルームメイトと分担して自炊です。ルームメイトは主にカザフスタン風の料理もしくは新疆料理しか食べられなかったので、私も日本料理などはほぼ作らずでした。

 

午後に授業がない日はスープなどの一品を作り、それにナン、サラダと言う感じです。

 

f:id:cakey2333:20180501140735j:plain

 これはお友達の部屋です

 

お昼授業がない時は大体ネットをしたりお菓子を食べたりしていました。

 

f:id:cakey2333:20180501172652j:plain

 留学生寮の一階にあるウイグル族の経営する商店

 

たまにお昼寝もしました。

 

f:id:cakey2333:20180501142901j:plain

ルームメイトが寝ています

 

…大したことはしてないですね(笑)

 

こんな感じでチャイを飲みながらおしゃべりをしてうだうだしています。「淘宝(タオバオ)」

world.taobao.com

と言う、amazon楽天のようなインターネットサイトで欲しい服をチェックしたり、踊ったりもします。

 

f:id:cakey2333:20180501143208j:plain

 

ウルムチでは、東京と違ってとてもゆっくりと時間が流れていきます。

 

しかし、大体の生活必需品は大学構内では調達出来るとは言え、大学自体の面積も広いので移動に疲れます。

 

新しい留学生寮から新疆大学の正門までは25分位です。

 

留学生は寮でインターネットでダウンロードした映画を見たりしている子も多かったです。

 

中国のサイトには無料で映画やドラマをダウンロード出来るサイトがたくさんあり、例えば前日の夜、日本で放送されたドラマが、翌日の午前中には中国語の字幕付きでアップロードされていたりします。

 

f:id:cakey2333:20180502092615j:plain

お隣さんのカザフスタンからの留学生二人組 

 

夜は19時半過ぎ位にまた自炊したご飯を食べて、私は24時には寝ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:カザフスタンキルギスタンウズベキスタンタジキスタントルクメニスタン

*2:当時は新疆医科大学に30名程のサウジアラビア人がいました。今はもっと多いと思われます

*3:学院と言いますが、学部と言うイメージです