世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

新疆ウイグル自治区で暮らしていてウイグル族に間違われまくった話

こんにちは。

 

f:id:cakey2333:20180511115044j:plain

ホータンにて 

 

新疆に行ってからと言うもの、毎日のようにウイグル族に間違われていました。恐らく一万回は間違われたと思います(笑)

 

f:id:cakey2333:20180919094646p:plain

ウルムチのお姐さんと 

 

(否定をすると、まずは「ウズベク?」と聞かれ、それも否定すると「う~ん、じゃあカザフ?」が定番でした)

 

以下の写真二枚はカシュガルの街中でウイグル族のおじさんたちと撮ったものです。

 

f:id:cakey2333:20180615102201j:plain

 

f:id:cakey2333:20180615102047j:plain

 

これは私としては想定外のことで、以前お話したように結構困ることも、もちろん良いことも色々ありました。

 

ウイグル文化や新疆文化を紹介する切り口になると思いますので、思い出話と共に一部ここで紹介したいと思います。

 

 

f:id:cakey2333:20180511115620j:plain

 明るいおじさん。「新疆と日本はどっちがいい?」と聞いて来た

 

まず、ウイグル族も見た目にかなり個人差があります。

 

哈密(ハミ)など内地に近いエリアでは、漢民族のような見た目の人もいますし、南疆*1へ行くとトルコのような中近東風の見た目の人もいます。カシュガルよりもホータンの人々の顔立ちがはっきりしていました。(ホータン人の性格はカシュガルよりもマイルドです)

 

また、本当に稀に青い瞳の人もいます。

 

表現が難しいのですが、平均すると中近東とアジア系を足して割ったような、所謂「中央アジア的」な顔が多いと思います。

 

f:id:cakey2333:20180511123214j:plain

ウイグル美人の化粧品のポスター 

 

新疆へ行ったばかりの時に、ウイグル語を学ぶための本を買うため大学の近くにある新華書店に行った時のことです。

 

当時知ってるウイグル語はほぼなかったので、中国語で、ウイグル族の店員さん二人に「中国語で書かれたウイグル語を学ぶ教材はありますか?」と尋ねました。

 

二人は数秒フリーズした後に、ウイグル語で返答してくれました。(何を話してくれたかはわかりませんでした)

 

ウイグル語が出来ないから今中国語で話してて、さらに中国語で書かれた本が必要って言ってるのに(笑)」と思いましたが、仕方ありません。

 

f:id:cakey2333:20180514124005j:plain

カシュガルの子ども達 

 

また、新疆内を旅していた時のことです。

 

カールギリックと言う街へ入る時の検問で、日本のパスポート見せているにも関わらず、ウイグル族の公安の人に「民考汉(ミンカオハン)?」と聞かれました。

 

「民考汉」とは、ウイグル族など少数民族ですが、漢民族や内地の学校へ進学した人たちのことです。読み書きがあまり上手でなかったり、会話があまり上手くない人もいます。

 

ちなみに、日本のパスポートを見せている時点で「民考汉」ではないのですが(笑)、新疆では度々、日本国籍を取得したウイグル族と間違われました。どのように日本国籍を取得したか教えて欲しいと言われたこともあります。

 

(むしろ日本で学んでいるので「民考日」と言うべきですね笑)

 

f:id:cakey2333:20180615185616j:plain

同級生とディナー

 

話は戻って、その際にウイグル族の公安の人がバスのドライバーに「Uyghur emes(この子はウイグル族じゃないよ)」と言った途端、バス中の注目を浴びることになりました。

 

お馴染みの「Uzbek(ウズベク族)?」と聞かれましたが、その時は「Men Yaponluq(私は日本人です)」と答えました。

 

その後彼らの質問の集中砲火を受けることになりましたが、一つとても面白いことがあります。

 

このバスの中に限ったことではないのですが、結構な割合で私のことを日本人と信じないウイグル族が多いのです。

 

しつこく「お父さんかお母さんどちらかはウイグル族だろう?」と言ってきたり、その後も諦めずに「ではおじいさんか?もしくはもっと遠い先祖か」などと、決して認めてくれません。

 

仮に日本で、非常に日本人に似ている外国人がいても、その人が「日本人ではない」と言った時点で、その意見をすんなり受け入れ、「とても日本人に似た外国人」ないしは「ああ、中国人や韓国人なのかな?」と思う人が多いのではないかと思います。

 

遠い国、日本で自分たちの民族に似た人がいて、彼らが嬉しかったのかよくわからないのですが、必死に「本当に日本人か?」と聞いて来る彼らはとても可愛かったです(笑)

 

たまに本当に面倒(すみません笑)な時は、「お父さんがウイグル族なんだ。でも、生まれも育ちも日本だからウイグル語があまり上手くなくて。日本語は上手だけどね。だから今新疆に来て勉強してるの」と下手なウイグル語で言うと、もう彼らは大喜びです(笑)嘘はついてはいけませんが、すごくハッピーになってくれたので私もハッピーでしたし、いいかなと思います(笑)

 

f:id:cakey2333:20180514130614j:plain

 南疆旅行中のバスで。私のウイグル語のテキストに興味津々。お肉やお菓子を色々分けてくれた

 

このように、良いことはやはりウイグル族の皆さんが喜んでくれたことでしょうか。

 

私も世界を旅していて、日本から遠く離れた国で、日本人だけでなくアジア人と会うと親近感が湧きました。やはり外見的に似た物同士は心理的に安心感があるのでしょうか。

 

他にはこんなラッキーなこともありました。

 

新疆ウイグル自治区のお隣、カザフスタンにもウイグル族は住んでいます。アルマティと言う都市でタクシーに乗ったところ、運転手はウイグル族のお兄さんでしたが、何とお金を払おうとしたら無料にしてくれました!お兄さんありがとう!

 

f:id:cakey2333:20180514145103j:plain

カザフスタンにある”エッフェル塔

 

また、新疆ウイグル自治区にはタジク族と言う少数民族がいます。彼らは主にタシュクルガンにいますが、タシュクルガンはアフガニスタンパキスタンとの国境に近く、外国人が立ち入り禁止なエリアが多いです。

 

ここで公安に捕まってしまうと、罰金を支払う必要があり、しばらくこのエリアに立ち入りが出来なくなってしまいます。

 

私はタジク族の友達と話し歩きをしながら、二人とも知らないうちに外国人立ち入り禁止エリアに入ってしまっていました。実は用事があった友達と共に、公安内でも10分程滞在していたのですが、無事(?)でした。

 

f:id:cakey2333:20180514145630j:plain

タシュクルガン郊外の家にて

 

ある祝日の時は、ウイグル族の友達が親戚一同集まるからと、お家に呼んで招待してくれました。

 

f:id:cakey2333:20180514143854j:plain

その時の写真ではないです

 

どうやら馴染みすぎていたらしく、お客さんと気付かれないどころか、結構ほっておかれました。

 

そのうち友達はどこかへ買出しへ行ってしまい、私をゲストだと知らない叔母さんの内の一人に、お客さんたちにお茶を注ぐように指令も受けました。

 

もしかしたらそもそも手伝い要員だったのかも知れません(笑)

 

でも、いつもいつも「おもてなしをされる側」でなく、少し「おもてなしをする側」に立つことで良い経験になりました。

 

f:id:cakey2333:20180511123228j:plain

不信な目を向けられる 

 

他に思い出深い(悪い)ことは、ウイグル族の写真を撮っていたら、通報されかけたことです。

 

私は世界の人々がどのように毎日を過ごしているのか気になるので、彼らの自然な様子や家の中を覗くのが好きです。なので、彼らの日常の自然体な様子を写真に撮りたいと思っているのですが、どうやら盗撮か何かをしてると思われたみたいです。

 

必死で留学生であること、新疆やウイグル族の文化に興味があることを説明したら最終的にはわかってもらえました。いつも旅の時は現地に馴染む方がいいと思っていましたが、こういうこともあるのですね。うまく使分けたいものです。

 

f:id:cakey2333:20180514151116j:plain

 

日本ではやや国籍不明気味の私ですが、新疆では黙ってさえいればとても馴染んでいたため、謎の安心感があったのも事実です。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

*1:新疆南部。カシュガルやホータンなど