世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

新疆ウイグル自治区で留学生として過ごしたラマダーンについて

.رمضان كريم (Ramadan Kareem)

 

 ラマダーンおめでとうございます!!

 

ãâ«Ø±Ùضا٠ÙرÙÙ!â¬âãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

いよいよラマダーンですね。

 

まず、ラマダーンとは何かについてですが、イスラム教徒の義務の一つです。

ムスリムは、ヒジュラ暦*1の9月の一ヶ月間、断食をします。

 

ラマダーンと言うと、「断食」と言うイメージが強く、大変そうだったりストイックなイメージもあるかも知れません。

 

でも、もちろんずっと断食をしているのではなく、日の出から日没までの間です。

 

(病気の方や老人、子ども、旅をしている場合はしなくてもいいですが、出来る場合はあとで自主的に断食をします)

 

ラマダーンが真夏と重なった場合はやはり大変です。

 

でもムスリムラマダーンをとても楽しみにしています。 お祭りのような雰囲気があります。

 

本日は、私がウルムチで過ごしたラマダーンについてお話します。

 

f:id:cakey2333:20180511130238j:plain

 

以前お話したとおり、大学構内・留学生寮内での宗教活動は禁じられていますので、公にはラマダン中の断食はしていけないことになっています。

 

しかし、仮に先生に見つかっても集まってただご飯を食べているだけと言えば済む話であったり、先生方も見て見ぬふりをしていたと思います。

 

また、中央アジアムスリムはそこまで厳格ではないので、新疆大学の留学生寮ではラマダン中に断食をしない留学生の方が多かったと思います。

 

ウイグル族のお店ではスイカを出してくれます。

 

f:id:cakey2333:20180511133415j:plain

 これは日没の時間を待っている時です

 

この写真はカザフスタンの子達が、私達卒業生のお祝いも兼ねて、ご馳走を作ってくれた時の写真です。

 

 

f:id:cakey2333:20180511130312j:plain

 

この日は初日でしたので、大盛り上がりで夜通し食べました。

 

日の出のお祈りの「サラートルファジル」((صلاة الفجر (Salat al fajr)))の前にご飯を食べ、お祈りが出来るように準備をしなくてはなりません。

 

日中断食をしているので、痩せるのかとよく聞かれますが、このような詰め込みで太る人も結構多いです。

 

f:id:cakey2333:20180511130347j:plain 

ラマダーン中は、日没後のご飯の時間が楽しみで楽しみでたまらなくなります。

 

日の出前にご飯を済ませ、日中も水分補給が出来ないので、真夏であった場合、日没前にはフラフラになります。

 

 友達には、夕方辺りに「ケイコ、唇が緑色になってるよ(笑)」と言われました。

皆で食べるためにスイカを一個丸ごと運んでいたのですが、持ちこたえられず転びました。

 

日中はもちろん水を飲むことや、さらに唾を飲み込むことも出来ません。

料理の際に味見をしても、飲み込むことは出来ないので吐き出さないといけません。

 

私達は分担してご飯を作ったりしていました。

 

 

f:id:cakey2333:20180511130413j:plain

 「zapiekanka」と言う料理を作っています。私の大好物です

 

f:id:cakey2333:20180511130432j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180511130456j:plain

 

 私が担当の時はカレーを作りました!!

 

f:id:cakey2333:20180511130533j:plain

 

「美味しい!」と言ってくれる子も、無言の子もいました(笑)

 

 数日して食事を作るのに飽きてくると、皆で外食に行きました。

 

 ここは中国全土で有名な、「全聚德」と言う北京ダックのお店です。日本にも店舗がありますね。

 

f:id:cakey2333:20180511131102j:plain

 立派で中国らしい外観です。中国にいるなと思えます(笑)

 

f:id:cakey2333:20180511131116j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180511131132j:plain

 

 

全聚德(長江路店)

住所:长江路271号

電話番号:0991-5588066,0991-5588738

 

日本だと北京ダックは値段が高いイメージがありますが、中国では物価が元々安いこともあり、気軽な値段で北京ダックを味わうことが出来ます。

 

この「全聚德」の場合は、確か半羽で120元位だったと思います。

 

別の日はウイグル・トルコレストランに行きました。

 

f:id:cakey2333:20180515113519j:plain

 

f:id:cakey2333:20180515113547j:plain

日本人ならここでビールだと思いますが、私達はジュースです(笑) 

 

f:id:cakey2333:20180515114544j:plain

 

f:id:cakey2333:20180515113608j:plain

トルコ風の料理

 

f:id:cakey2333:20180515113636j:plain

 

博顿快餐店(Bodun)

 

住所:延安路119号

電話:0991-2557353

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

*1:イスラム社会で使われており、太陰暦のためラマダンの時期は毎年早倒しになる