世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

新疆ウイグル自治区の少数民族・タジク族の文化紹介 ~民族帽子・花嫁衣装・結婚事情編~

こんにちは。

 

本日は、美しいタジク族の文化についてご紹介です。

 

f:id:cakey2333:20180516135108j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180516135120j:plain

 

私がタジク族の文化の中で一番好きなものは、女性が被っている帽子「シャイドイ」です。

 

f:id:cakey2333:20180516135349j:plain

 

本当に気に入り、ヒジャプを巻いていない日は、ほぼ毎日被っていました。タジク男子達も何かコメントしないといけないと察したのか、「(シャイドイが)すごく綺麗」と言ってくれました(笑)

 

私が買った「シャイドイ」は手前のもので、300元でした。

 

f:id:cakey2333:20180516135538j:plain

 

夜、家で女性陣に「これで300は高いわよ!今度は男の子じゃなくて私達を連れて行きなさい(笑)」と言われてしまいました。

 

布の縫い目がしっかりしていなかった、などの理由からだそうです。

 

ウイグル族の女性は「ドッパ」を毎日被ってはいませんが、タジク族はほぼ毎日被ってる人も多いです。

 

f:id:cakey2333:20180517102214j:plain

ウイグル族の「ドッパ」(帽子) 

 

タシュクルガン郊外の病院へお友達のお見舞いに行った時、タジク族の女性のドクターが白衣に「シャイドイ」を被っている姿はとても素敵でした。

 

男性用の帽子は「トモーガァ」と言います。

 

f:id:cakey2333:20180516140212j:plain

 

少しアフロっぽくも見えます。

 

f:id:cakey2333:20180516140258j:plain

 

また、私は世界の民族衣装、特に花嫁衣装が好きなのですが、新疆ウイグル自治区のタジク族の花嫁衣装はとても素敵です!

 

f:id:cakey2333:20180516183226j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180516183331j:plain

全身赤の装いです 

 

私が参加したウイグル族の結婚式では花嫁さんは全員、ウェディングドレスを着ていました。

 

タジク族の花嫁さんは、「シャイドイ」にこのような「スィルスィラ」を付けます。

 

f:id:cakey2333:20180517102651j:plain

 

f:id:cakey2333:20180517102808j:plain

 

結婚した花嫁さんは、昔は何と10年間この「スィルスィラ」を付けていたとか。今では大体1年間で、人によっては3~5ヶ月のみの人もいるようです。

 

未婚の女性は結婚前に、新郎側の親戚の女性に帽子を20個位作らないといけません。

 

f:id:cakey2333:20180517114445j:plain

お姉さんが作っています

 

f:id:cakey2333:20180517114501j:plain

少し手伝いました

 

タシュクルガンのタジク族の結婚式は三日間です。

 

初日の夕方、集まってご飯を食べ、歌ったり踊ったりして朝まで過ごします。

 

三日目に新婦の家へ移動しますが、その後一週間、新郎と新婦はずっと家にいて、やって来る親戚やお客さんのお世話をしないといけません。この時期に新郎と新婦が離れるのは良くないこととされていて、出かけてもいいけれど出来るだけ一緒に行動します。友達は「その一週間は(ずっと家にいないといけなくて)本当に耐えられない」と言っていました(笑)

 

新郎(の家)から新婦(の家)への贈り物は、結納金のような現金の他に12種類のもの(コートなど)だそうです。

 

昔と違って、親が結婚相手を決めることもないです。

親の世代は関係が近い間柄での結婚はとても多く、昔は兄弟同士の子どもが結婚することもあったようです。現在は中国の法律でも禁止されています。

 

タシュクルガンでは結婚式は6月~12月の間に行われます。

 

お金持ちは6月から、タシュクルガン郊外では羊や牛が肥える9月からです。

タシュクルガン郊外は経済的にどうしても貧しく、主にチャイとナンしか食べません。

 

 

f:id:cakey2333:20180517122531j:plain

 

また、タシュクルガンの商店街をブラブラしていたら、このような可愛いタジク雑貨を扱うお店を二つ発見しました。

 

こちらは一軒目です。

内装の新しさからして、当時出来たばかりのお店だったと思います。

 

f:id:cakey2333:20180517104302j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180517104323j:plain

 

f:id:cakey2333:20180517104353j:plain

 

f:id:cakey2333:20180517104406j:plain

 

タジク族に限らず、中央アジアは、原色系のカラフルな明るいイメージです。(独裁政治とは対照的笑)中央アジアを舞台にした漫画、「乙嫁語り」の世界ですね。

 

アフリカもカラフルですが、原始的な感じがするのに対し、中央アジアは模様が手の込んだ、繊細な感じがします。

 

f:id:cakey2333:20180518094544j:plain

 

二軒目はこちら。

 

f:id:cakey2333:20180517104636j:plain

 

f:id:cakey2333:20180517104649j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180518094613j:plain

 

f:id:cakey2333:20180518094632j:plain

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------