世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

イエメンでの一日 その③ ~女子だけのティータイム~

こんにちは。

 

今回も「イエメンでの一日」の続きで、オールドサナアでの午後の過ごし方です。

 

f:id:cakey2333:20180604121615j:plain

こちらはワディーダハルと言う、サナア郊外の親戚の家です

 

お昼ご飯を食べた後、男性陣はすぐに皆カートを噛みに行きます(笑)オールドサナアでは、知り合いの一人の事務所で皆さん集まって噛んでいたので、私もたまに参加しました。

 

「カート会」についてはこちらをどうぞ↓

 

https://blog.hatena.ne.jp/cakey2333/keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com/edit?entry=17391345971647173140

 

男性たちが出かけた後、女性たちや子どもたちは何をしているのでしょうか。

 

子どもたちは道端で近所の子達と元気に遊んでいました。

 

f:id:cakey2333:20180604121949j:plain

 

f:id:cakey2333:20180604122250j:plain

 

私たち女性陣は、おしゃべりしながらの女子だけのティータイムです。実はこの時間が私は何より好きでした。(男性陣ごめんなさい笑)

 

外出する時はどんな至近距離でも、女性はブルカとアバヤを身に付けなくてはいけませんので、子どもたちにティータイムのお供のお菓子を買ってきてもらいます。

 

私たちの家から徒歩3秒の所に、このような売店がありますが、それですら部屋着(女性は家ではヒジャプのみです)のまま行こうとすると家族に怒られてしまいます。

 

f:id:cakey2333:20180604120943j:plain

 

こちらはまた別の売店です。なかなかのくつろぎっぷりです。

 

f:id:cakey2333:20180604122542j:plain

 

お菓子はシンプルなビスケットが多かったです。アラブの人はビスケットを紅茶にひたしながら食べます。その場合はシンプルなビスケットが合うのでしょう。

 

私はサクサクッとしたビスケットの食感が好きなので、そこだけは譲れませんでした(笑)

 

他にはチョコレートやチョコレートクッキー、カップケーキなどもありましたが、一つ思い出深いビスケットをご紹介します。

 

「アブワラッド」のビスケットです。どことなく日本のグリコのビスケットを思わせるパッケージで、グリコのビスケットの5倍位甘いですが、アラブのお菓子の中では比較的甘さ控えめです。

 

シンプルだからか、飽きが来ない味で、今一番食べたいイエメンのお菓子は「アブワラッド」のビスケットです。

 

ãab walad biscuitsãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

女子会には、私、お母さん、長女のアビール、次女のマラック以外に近所の子どもや女性も参加することもありました。

 

f:id:cakey2333:20180604121004j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180604121023j:plain

 

 

f:id:cakey2333:20180604121136j:plain

 

イエメンでは女性の写真は撮ることはいけないとされています。一緒に撮った写真があるのですが、やはり公開してはいけないので、お母さんと長女アビールの写真はこちらに載せることが出来なくてごめんなさい。

 

二人とも目がとても大きく美人親子です。

 

お母さんのサミーラさんはとても優しく、私がわかるようなアラビア語を話してくれます。お母さんの話すアラビア語は誰より聞き取ることが出来ました(笑)30代前半ですが、少女のような純粋な女性です。

 

これはサミーラお母さんが、私がイエメンから(当時住んでいた)新疆ウイグル自治区ウルムチに戻る時に書いてくれたものです。なので、絵に描かれている目は涙を流しています。

 

f:id:cakey2333:20180604125207j:plain

 

長女アビールも、お母さんに似たのか純粋で優しい子でした。同時に長女なので、しっかりもので、兄弟の面倒や生まれたばかりの赤ちゃんの面倒もよく見ていました。

 

私のiPadをとても気に入ったようで、いつも写真や動画を見ていました。インドのダンスの動画が入っていたのですが、それを繰り返し見て丸暗記したようで踊って見せてくれました。とても可愛かったです(笑)

 

編集後記

以前、コンゴ川をカヌーで下る予定があると書きました。

 

コンゴ川の支流にはワニやカバがいると以前聞いていましたが、本流にもいるようです。

 

そこで、ワニに襲われたらどうしたらいいのかを昨日調べていました。

 

こちらのサイトには、

 

襲撃を受けたら:ワニは噛む力はものすごいのですが、口を開ける力は意外と弱いとのこと。体の一部が噛まれた場合、そのまま頭にしがみついて、ワニが口先を振りまわす回転と一緒に回り続けましょう。そのうちワニも疲れて弱っていき、脱出することができそうです。

 

と、ありました。

 

news.ameba.jp

 

回転を合わせるのが結構大変そうです。