世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

意外にも豊かなイエメンの食事と男女別の外食事情 

こんにちは。

 

f:id:cakey2333:20180613101945j:plain

 

本日は、外食時に食べたイエメン料理のご紹介です。

 

自宅では、朝・昼・晩とほぼ同じメニューであることは以前記事にしました。

 

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

外食する機会も、イエメン国内旅行や友達と会う時のみなど、あまり多くなかったですが、その時に食べたものをご紹介します。

 

まずは、私の大好物「ファッサ」です。「ファッサ」は家でもたまに作りました。

 

f:id:cakey2333:20180613102310j:plain

 

鍋料理で、牛肉や「ヘルバ」、トマトなど野菜のみじんぎり、青唐辛子が入っています。お店では、キダムと言う硬いパンをつけながら食べます。

 

ヘルバに関しては以下の記事をご参照下さい。 

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

 

石鍋で出てくるのでいつまでもアツアツで、スパイスで辛さも調整できます。牛肉がしっかり煮込まれているので出汁がきいています。日本でも流行りそうです。

 

こちらはオールドサナアにあるお店で、お昼時になると、ものすごい人で溢れ返っています。大きな鍋で煮込んでいることもあり、店内の熱気がすごいです。

 

f:id:cakey2333:20180613102327j:plain

 

お次はチキンの丸焼きです。この時は、ザハーワックと言うサルサソースのようなソースにヨーグルトを混ぜて、一緒にチキンと食べました。

 

f:id:cakey2333:20180613102805j:plain

 

イエメンではレストランでも男性と女性が食べるスペースは分かれています。

 

女性や家族で行った場合、ファミリースペースと言う所で食べます。個室になっているレストランも多いです。

 

そうでない場合はお店がついたてを用意してくれます。しかし、あまり大きな声で笑っていたら家族に怒られました(笑)人にもよりますが、知らない男性に声を聞かれてもいけないようです。

 

この時は男性スペースも覗いて見たいと思い、男性スペースに混ざって見ました。友達と一緒だったこともあり、家族よりは融通がきくからです(笑)

 

f:id:cakey2333:20180613102827j:plain

 

イエメンのお父さんは、私が友達と遊びに行くことですら不機嫌になっていました。ので、お父さんが目を離した隙に、家からダッシュで走って外出していました(笑)

 

こちらが個室です。個室では家族しかいないので、顔をこのように出すことが出来ます。ブルカを後ろに回すと、少しカッパ風になります。

 

f:id:cakey2333:20180613103202j:plain

 

場所は、ハドラマウトの少し手前の町にあったレストランです。

 

食べているのはラクダの肉ですが、ハドラマウト以外で食べたことはありません。ちょっとケモノのような味がしたり、調理方法のせいか脂っこくて少し苦手でした。

 

こちらは「マジヌーナ」と言う料理です。

 

f:id:cakey2333:20180613103630j:plain

 

「マジヌーナ」はアラビア語で「crazy(女性型)」と言う意味です。(男性型だと「マジヌーン」です)

 

 千切りにされたチーズ、苺のジャム、マヨネーズ、ゆで卵、ナッツのペーストをパンに挟んで食べる不思議な料理です。軽食なので、朝ご飯か夜ご飯に食べます。

 

一つのお皿に、しょっぱいものと甘いものが混在しているため、私は混乱しました。が、慣れてくるとそのカオスな感じも楽しめる一品です。

 

ニューサナアにはオシャレなカフェだってあります。

 

f:id:cakey2333:20180613104504j:plain

 

左側の子はジブチの子です。当時サナア大学の大学院(MBA)に通っていました。

 

f:id:cakey2333:20180613104519j:plain

 

この二人はハドラマウト出身なので、ハドラミーです。 

 

ハドラマウト地方では、サナアでは見かけない料理もありました。

 

 

f:id:cakey2333:20180613105156j:plain

 

こちらは「アスィード」と言い、サナアにもあります。穀物を小麦と共に、もちもちになるまでこねて作ったもので、スープをかけて食べます。サルタが出ない時に登場します。

 

こちらはマーリブの「アスィード」ですが、サナアのものと変わりません。

 

f:id:cakey2333:20180613110041j:plain

 

ハドラマウトで食べた「アスィード」は、砂糖がかかっていてデザートでした。色も濃い茶色です。

 

ハドラマウトの料理は全体的に味が濃かったり、脂っこいものが多いです。ガハハと豪快なハドラミーのイメージにぴったりです。

 

イエメンやアラブではあまり辛い料理はありませんが、唯一辛さを感じた料理はハドラマウトのものでした。

 

こちら「マンディ」はサナアにもありますが、綺麗なので写真を載せておきます。

 

f:id:cakey2333:20180613105139j:plain

 

そう言えば、イエメンでシャウルマを食べたことがありません。

 

f:id:cakey2333:20180613105220j:plain

 

シャウルマと言えば、キルギスタンのものがボリュームもある上に安くて美味しいです。中には、お肉や野菜の他に何と、ポテトまで入っています。

 

最後にフレッシュジュースです。こちらはグァバ味。

 

f:id:cakey2333:20180613105235j:plain

 

編集後記

新月が確認されたようです!ムスリムの皆さん、おめでとうございます!!

 

ãeid mubarak 2018ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

f:id:cakey2333:20180615153054j:plain

 

もう一つ。

 

以前、アフリカ大陸を陸路で縦断した時のことです。

 

ジンバブエの首都ハラレから、南アフリカヨハネスブルクへ向かう国際バスに乗りましたが、隣に座っていたのがコンゴ民主共和国(DRコンゴコンゴキンシャサ)の男の人でした。

 

こちらはヨハネスブルクにある、国際バスが発着するパークステーションです。南アフリカでワールドカップが行われる前、この駅を出て犯罪に遭う確率は150%だとか200%(!)などと言われていましたね。

 

f:id:cakey2333:20180615093912j:plain

 

到着したのは夜だったのですが、外へ出た瞬間、確かに今まで感じたことのないただならぬ雰囲気を感じ、即ユースホステルに電話をして向かいに来てもらいました。

 

彼は、普段南アフリカケープタウンに住んでいますが、以前「コンゴ川をこのようなカヌーで渡りたいんだ」と話したことがあります。

 

f:id:cakey2333:20180615094729j:plain

 

すると、「これは隣の村へ行く用のボートで、1700キロ(キサンガニからキンシャサまで)行く用ではない。お前は正気か?」と言われました(笑)

 

f:id:cakey2333:20180615095051p:plain

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------