世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

キルギスタン(中央アジア・旧ソ連)のグルメ 

こんにちは。

 

本日はキルギスタンで食べたものをご紹介します。

 

2012年に、初めてキルギスタンを旅行した時は一人旅でした。シャウルマが安くてボリュームたっぷりだったので、いつもシャウルマでした。

 

中央アジアのシャウルマは、お肉と野菜以外にフライドポテトも入っています。栄養バランスもちょうど良く(?)、財布に優しく、美味しく、最高でした。

 

二回目の2015年に、キルギスタンを旅した時は友達の家にお邪魔しました。

 

朝から、彩り鮮やかなテーブルです。

 

f:id:cakey2333:20180702122442j:plain

 

 恐らくピザはあまり家で食べることはなく、私たちゲストのために、特別用意してくれたものではないかと思います。

 

 キルギスタン含む中央アジア旧ソ連圏で広く食べられているのが、こちらオートミールです。

 

f:id:cakey2333:20180702122500j:plain

 

オートミールは、ロシア語で「カシャ」と言います。 オートミールは西洋版おかゆと言った感じで、日本のおかゆに比べて、粘り気やとろみがあります。おかゆに比べて作る時間はあまりかからず、5~10程度で出来ます。

 

写真のカシャは色々な雑穀が入っている豪華バージョンですが、普通のものも栄養たっぷりでとても美味しいです。ウルムチにいた頃は、毎朝カシャに少し砂糖を入れて食べていました。

 

キルギスの友達が、知り合いから「入院中のおばあさんが何も食べれなくなって、毎日カシャを食べていたら、元気になり、白かった髪が黒くなった」と聞いたそうです。

 

私は旅や冒険の体力作りのためにジムへ行きますが、確かにボディービルをやっている人の間でも栄養満点のオートミールは有名です。個人的には、塩昆布を入れて日本風にして食べるのが好きです。

 

他には、写真の奥に黒いカシスの自家製ジャムがありますが、これを白湯に入れて飲んみます。ハチミツも同様です。

 

f:id:cakey2333:20180705140204p:plain

こちらはチェリージャム

 

f:id:cakey2333:20180702125257j:plain

キルギスタンの白いハチミツ

 

また、レストランでは定番のボルシチも食べました。ボルシチはお店や家庭によってかなり味に差があります。

 

また、ボルシチに入れる「スメタナ」と言うサワークリームもポイントです。とてもまろやかな味になりますが、ない時はマヨネーズやヨーグルトでも代用できます。

 

f:id:cakey2333:20180702125824j:plain

 

マヨネーズたっぷりのサラダも、ロシア料理の定番です。

 

f:id:cakey2333:20180702125838j:plain

 

 ボルシチのスープとスメタナが混ざると、こんな可愛いピンク色になります。

 

f:id:cakey2333:20180702125857j:plain

 

また、2012年の夏に別のお友達の家に招待してもらいました。

 

f:id:cakey2333:20180702122528j:plain

 

「何かキルギスらしいものが食べたい!」とリクエストして、ママが作ってくれたのがこちらです。

 

f:id:cakey2333:20180702122549j:plain

 

家の前にはお庭があり、外でもご飯を食べたり、お茶を飲んでくつろぐことが出来るスペースがあります。これは南疆などでも見られます。

 

f:id:cakey2333:20180702122608j:plain

 

f:id:cakey2333:20180702122621j:plain

 

また、中央アジアでよく見かける「チャイハナ」にも似ていますね。「チャイハナ」の「ハナ」は場所を表しており、お茶を飲むところ、つまり、ご飯を食べたりお茶を飲むことが出来るお店です。

 

f:id:cakey2333:20180702122636j:plain

 

夜はお友達とお洒落なダイニングレストランへ行きました。

 

f:id:cakey2333:20180702122705j:plain

 

定番のキルギスコニャックです。 

 

f:id:cakey2333:20180702122728j:plain