世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

ビシュケクからオシュ、オシュからパミールハイウェイへ

話は戻り、2012年に初めて中央アジアを旅した時のことです。

 

ビシュケクの「南旅館」で沈没ライフを送っていましたが、私は当時、大学院の夏休みを利用して旅をしていたので、そろそろ次の国タジキスタンへ行かないといけません。

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

オシュバザールへ行き、オシュ行きの乗り合いタクシーを捕まえました。

 

物を売っているエリアではなく、たくさんの車が止まっているエリアです。その辺の人に「オシュ?」などと言うと、場所まで連れて行ってくれるはずです。

 

オシュバザールではタクシー運転手の人たちの客の取り合いが激しく、私は腕を色んな方向から引っ張られたり、勝手にバックパックをトランクに入れられたり、結構痛かったのですが、それにも増して、とても強引で笑ってしまいました(笑)

 

乗り合いタクシーは、乗る人数や車の種類によりますが、大体800~1200ソムです。乗客が集まり次第出発なので、1時間少し待ちました。

 

 出発前にドライバーと乗客全員が、手を合わせていました。イスラム教と関係があり、これは食事の後も見られる光景ですが、この時はとても神聖に感じたのを覚えています。

 

夕方18時間頃に出発した乗り合いタクシーは、深夜の23時半に途中休憩のチャイハナに着きました。

 

夕方に夜ご飯をしっかり食べたので、お腹は空いておらず、チャイだけ飲んでいました。

 

しかし、乗り合いタクシーで同乗した人たちが、それぞれ魚、鳥、ショルポの羊、羊のマンタをくれました。とても豪華なプレートになり、嬉しくなった私は全て平らげてしまいました。

 

その後、朝の5,6時にオシュに到着しました。

 

オシュを観光したかったのですが、時間がなく、バザールや賑わっている通りをブラブラした後、乗り合いジープのある「チョンアライバーザ」へそのまま向かいました。タジキスタンのムルガーブへ向かうためです。

 

「バーザ」はロシア語で基地という意味ですが、「チョンアライバーザ」もなかなか独特な雰囲気でした。一言で言うと「山小屋」です。

 

民家を改造して、旅行基地にしたような感じで、男女別のごろ寝の部屋(ベッドは3つ位ありました)があります。シャワーは、バーザから5分程歩いた所に公共浴場があります。

 

近くの食堂へ行ってご飯でも食べたかったのですが、ジープ代を支払ったら、もう50ソムしか手元にありませんでした(笑)なので、バーザの食堂で、「チャイとナンを下さい」と言って出てきたのがこちらです。

 

f:id:cakey2333:20180710104841p:plain

 

アプリコットアプリコットのジャム、ナン、ボルサック、チャイの素敵なプレートです。ジープの出発時間もわからず、次いつご飯にありつけるかわからない私は全てたいらげました。

 

こちらが私が乗ったジープです。

 

f:id:cakey2333:20180710104851p:plain

 

 

いよいよタジキスタンへ、パミールハイウェイへ出発です!

 

f:id:cakey2333:20180710104916p:plain