世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

ドゥシャンベ観光の目玉「イスマーイール広場」と子どもたちと噴水でガチ泳ぎ

こんにちは。

 

本日は、ドゥシャンベ観光情報です。

 

ドゥシャンベで、まず皆さんが訪れるのは、この「イスマーイール広場(正確にはドスティー広場)」ではないでしょうか。

 

f:id:cakey2333:20180725105415p:plain

 

この銅像は「イスマーイール・ソムニー*1」と言う、イスラーム王朝であるサーマーン朝のアミール(君主)です。時代は10世紀です。

 

ウズベキスタンのブハラ首都として、彼の統治時代にサーマーン朝は最盛期を迎えました。現在、タジキスタンウズベキスタンでとても有名で、タジキスタンの通貨であるタジクソムニーは彼の名前から来ています。

 

イスマーイール・サーマーニー - Wikipedia

 

ちなみに私は八月にドゥシャンベにいたのですが、イスマーイール・ソムニー像は、太陽の関係で午後に行くと、逆光で暗くなってしまいます。そのため、午前、特に気温が上がる前の早い時間帯に行くことをお勧めします。

 

イスマーイール像をさらにぐんぐん進んで行くと、このようなタワーがあります。あまりの暑さで、もはや真っ直ぐに写真を撮れず、やや曲がっています(笑)

 

f:id:cakey2333:20180725105423p:plain

 

また、イスマーイール広場に隣接する大統領府もとても大きく荘厳です。お花もたくさん咲いていました。

 

f:id:cakey2333:20180725105432p:plain

 

その後、また大使館に行ったり、今度は街の中心部にあるバザールへ行きましたが、あまりに暑いです。

 

そんな時に、目に入って来たのが噴水で遊ぶ子どもたちです(笑)ドゥシャンベの中心部には、噴水がいくつかありますが、どこもたくさんの子どもたちが遊んでいます。「ドゥシャンベ・夏の風物詩」に間違いありません。

 

しかも、日本の子どものように「水遊び」と言うよりは、割と「ガチ泳ぎ」をしています(笑)

 

f:id:cakey2333:20180725105313p:plain

 

f:id:cakey2333:20180725105323p:plain

 

暑さで正常な判断力を失いつつあった私も、一緒に噴水で遊ぶことにしました。子どもたちからも「ウズベキ?(お姉さんはウズベク族なの?)」などと聞かれ、割と仲良くなり、一緒に泳がせてもらいました(笑)水も結構かけられました。

 

f:id:cakey2333:20180725105304p:plain

 

f:id:cakey2333:20180725105348p:plain

 

しかし、さすが中央アジアの夏は暑いです。歩いてユースホステルまでに帰る頃には、服はかなり乾いていました!!

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

*1:イスマーイール・サーマーニーとも言います