世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

トルクメニスタン・アシガバート観光情報③ ~独立記念塔・中立門・偉大なる大統領様の国トルクメ~

トルクメニスタンの首都アシガバートの観光情報の完結編です。

 

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

 

 

 

独立記念塔(独立記念広場)

 

f:id:cakey2333:20181001103645p:plain

 

トルクメニスタンソ連から独立した際に建設された「独立記念広場」は、以前、市内の中心にありましたが、現在は中心地からやや離れていて、車で30分程の所にあります。

 

この独立記念塔は、少しドゥシャンベ*1の「イスマーイール広場」の奥にある塔に似ています。夜のライトアップのカラーは色々あり、噴水とともにコロコロと色を変えます。

 

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

これらの塔は、トルクメニスタンにしろ、タジキスタンにしろ、独裁国家らしい雰囲気の建築物ですね。

 

こちらの塔は博物館になっていますが、水曜日を除く10時~17時(外国人は10ドル)までが開館ということで、既に閉まっていました。

 

このように謎の鳥を従えたトルクメンバシュ(故ニヤゾフ大統領のことです)の金ピカの銅像もあります。

 

f:id:cakey2333:20180928102541p:plain

 

夜に行ったのですが、衛兵さんを除いて人は誰もいませんでした。夏の場合、日中も暑すぎて誰もいないことが予想されます。

 

 こちらの近くに、”魂の書”「ルーフナーマ」のモニュメントもあります。

 

 

keikosroundtheworldadventure.hatenablog.com

 

市内中心部から16番のバスで行くことが出来ます。 

 

中立門

 

f:id:cakey2333:20181001103717p:plain

 

こちらも以前は市内の中心部にあったのですが、故ニヤゾフ大統領がなくなった際に、郊外に移されたそうです。

 

中立門」は、1995年に国連に正式に永世中立国として認められたのを記念して、1998年に作られたものです。

 

中立門にてっぺんにある黄金の像は言うまでもなくトルクメンバシュで、24時間で360度一周する仕組みになっています。昼間は常に太陽の方を向いているというこだわりっぷりです。

 

至る所で見られる大統領の写真

 

f:id:cakey2333:20181001103704p:plain

 

 トルクメニスタンでは至るところで初代終身大統領の故ニヤゾフ氏の銅像、または現在の二代目の大統領(グルバングル氏)の写真を見ることが出来ます。

 

グルバングル・ベルディムハメドフ - Wikipedia

 

この国に入って、「The country of the Dear great president,Turkmen」と言うフレーズが勝手に口から出てきました(笑)日本語にすると、「偉大なる大統領様の国トルクメ」と言うような感じでしょうか。

 

泊まったホテルのスィヤーハットのロビーや公共バスにも特大サイズの大統領の写真がありました。

 

f:id:cakey2333:20181001103631p:plain

 アシガバート市内の写真屋さん

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------