世界冒険のメモ

冒険・現地滞在型の旅行スタイルで見聞きした、ちょっとマニアックな面白いことや美味しいもの、美しいものや旅行情報を紹介するブログです。

アシガバードからマシュハドへの行き方(トルクメニスタン国境まで)

ストイックで渋い中央アジアを抜け、いよいよイランです!

 

 

トルクメニスタンからイランへのルート

 

f:id:cakey2333:20181009113142p:plain

イラン・マシュハドの繁華街 

 

 トルクメニスタンからイランへの行き方は、何通りかあります。

 

アシガバード(トルクメニスタン)~グーチャーン(イラン)~マシュハド(イラン)

 

マル(トルクメニスタン)~サラフス(イラン)

 

アシガバート(トルクメニスタン)~Lotfabad(イラン)

 

f:id:cakey2333:20181009103000p:plain

 マークしてあるのはLotfabadです

 

アシガバードからマシュハドへの行き方(トルクメニスタン側国境まで)

 

 今回は、一番王道である「①アシガバード(トルクメニスタン)~グーチャーン(イラン)~マシュハド(イラン)」ルートで国境越えをしました。

 

以前は国際バスがあったのですが、現在はありません。

 

まずは、アシガバード中心部のバスターミナル(Awtobus Wokzaly)へ向かいます。

 

前日にブラブラしたテケバザール(Teke Bazaar)の近くで、道を分かっていたので徒歩で行きました。と言うのは嘘で、実はもう手持ちのマナトがほぼないからでした。

 

f:id:cakey2333:20181009111004p:plain

 ☆マークがバスステーションです

 

バスステーションに着いて、適当に「イラン?」などと言うと、どのバスに乗ったらいいか教えてくれます。16番バスで1マナトでした。

 

余談ですが、中央アジア旧ソ連圏の旅(陸路)で大活躍のロシア語を一つ紹介します。

 

国境 граница(グラニーツァ)

 

です。もしかしたら、英語「ボーダー」でも通じるかもしれませんが、中央アジアは英語不毛の地ですので、知っておいて損はないかと思います!

 

バスを下りると、すぐに国境行きの乗合いタクシーが待っていますので、そのままそれに乗ります。しかし、手元には既に細かいコインしかなく、それを全て見せると、「それでいいよ」と言ってくれました。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

Twitter ⇒ k.sasaki0723 (@cakey723) | Twitter

instagram ⇒ Keiko Sasaki (@k.sasaki0723) • Instagram photos and videos

--------------------------------------------------------------------------------------------------------